TORUS

写真と言葉たち

テレパシーを受けて何かに気が付いて突然立ち止まった人

ソバ屋の傍で箸は持たずに唇で指を嚙みそうなほどにしながら、しきりに何かを思案している女性がスマホとにらめっこをしていて、何やらこの付近の空気には不思議な高いテレパシーテンションが漂っている気がしていたのでした。


何かが起こりそうな雰囲気だったので、私もこれに加わってカメラ調整をする振りをしながら下を向いて実は液晶画面をさりげなく見ていて、まあ、私も何かを思案しているふりをしていたのでした。

すると、一人の気楽そうな?男性が前からやってきて、男性は撮りたくないな、と思っていたのでシャッターを切るとしたら私を通り過ぎた後だよね、と思っている私を全く無視して通り過ぎようとしていました。


そろそろ、シャッターのタイミングかな?と思っていたら、自分の後ろからもう一人の女性がやはりスマホを持ちながら、何やら左手でリズムを取りながら、明らかに何か先で起こる事をいろいろ想定している風に、自分の行く方向のずっとその先を見つめながらテンポよく歩きながら近づいて来て私を通り過ぎようとしていたので、私はシャッターを切った、その時突然男性は歩くのを止めて、突然棒状に固まったようです。


やはり人って頭を回転させると何かのテレパシー電波みたいなものが発生するのかもしれませんねえ。


まるで私のシャッターの指示に従って歩くのを止めたようだけれど、やはり、この近辺は思考するテレパシーテンションの高い空気が満ちていたのかもしれません。


まず最初に路地に立ち止まりかなり真剣にスマホと睨めっこしている女性のテンションの高さに私はつられてストリート魂テンションが高くなり、そこへやはり可なり軽快に色々思いを巡らしている人がテンポよくやってきて、この私たち3人でテンションを高くしたソバ屋の前を通り過ぎた男性は、私たちにつられて、何か重大な事に突然思いが至ったのに違いありません。


それにしても、実はこのソバ屋の雰囲気も何か神がかったような神聖な日本の建築の美があるのですよね。もちろん時々行く美味しいソバ屋なのですが、こじんまりした風情のある雰囲気を漂わせていて、不思議なテンションの起きやすい素地が出来ていたのでしょう。


男性はその後Uターンして行きました。何か忘れ物でもしたのかなあ?


とにかく、色々頭を巡らしていてテレパシーテンションの高くなってしまった人たちの、一瞬の出来事でした。


刻々と変化するありふれた日常の様子を一枚の静止画に記録する事で、今までは分からなかったある真実が見えてくることがある。


カメラは風景を凍結させる道具なり。
芸術とは真実を凍結させる事なり。


マイ名言でした。ゴホ、、、。咽、。
________

命知らずのフォトハンターたちによるシューティングバトル

さて久しぶりに竹下通りへスナップしに行ってみました。
何か良いターゲットは無いかと思いながら歩いていたら、何か頼みに来る外人が居ました。ああ、シャッターボタンを押してほしいのかな?と思っていたら、なんと、私を撮りたいというではないですか。

私も何かモデルを探していたのですが、逆にモデルを頼まれるとは、いつもはこちらは撮る方なのですが、確かに私もモデルを探していたわけですから、その気持ちは分かります。じゃあ、という事で撮りっこすることになりました。

F1.2のレンズの威力も知りたかったのでバンバン撮りまくりました。

その内にもう一人も加わり、2対1のバトルが始まりました。

instagramに投稿されることを恐れない、命知らずのハンターたちによるフォトシューティングバトルが、大都市東京原宿竹下ストリートで発生したのでした。
でも実はここへ来る前に竹下通りへ入った直後にも、ファインダーを覗いていたら同じように道の向こうからこちらへカメラを向けている人が居て、ピースマークを送って来るから、まあ、こちらからもオッケーと、ピースマークを送って撮らせたのですが、残念ながら相手は男性だったのでこちらで撮るのは止めました。そうなんですよね、男性は撮りたくないのですよ。なぜなら私は、、、じゃあ無いのでした。

でも、なぜ二回も連続でモデルを頼まれたのは謎ですねえ。もしかして、私はハンサムなのでしょうか?( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、、、、、。


まあ、こういうバトルは平和ですわ。そういう事で終わってから全員で笑いながら別れましたが、じゃあ、私もインスタに載せられてしまったのかなあ?お互いに写真を見せっこしたら面白いだろうなあ。もう一笑い出来そう。

彼女はこの先のT字路を右折するのだろうか、それとも左折するのだろうか?

この先のT字路を左折すると駅へと行ける。
しかし、この先のT字路を右折しても、特に何かがある訳では無い。


さて、私の前を行く彼女は
T字路を右折するのだろうか、それとも左折するのだろうか?


なんだか気になる、
なぜなんだろう、
なんだか気になる。


るるるるー---


彼女はこの先のT字路を右折するのだろうか?
彼女はこの先のT字路を左折するのだろうか?


例えば彼女が左へ曲がって行ったとしても
だからと言って私がどうこうなる訳でもない。


例えば彼女が右へ曲がって行ったとしても
だからと言って、私がそれに従う必要がある訳でもない。


どんな時でも
私は私の行くべき道を
信じているし、
たとえ彼女が左右どちらへ曲がったとしても
その事で私の行く先が変わる訳ではない。。


その事で私の行く先が変わる事はない、
その事で私の行く先が変わる訳はない、
その事で私の行く先が変わる筈はない
ない、ない、ない、絶対にある筈はない。


ending


ある一瞬が輝くときに、貴方は気が付くかも知れない、
ある不思議なメロディーが始まっているのを。

それぞれの人の人生にとって、とても重要な話し合いが行われている雑踏の行きかう地下鉄構内の現場。

いつも使っている表参道の地下鉄構内なのですが、なんだか不思議な雑踏の雰囲気があったのでその方向をワンショット撮ってみました。


パソコンで改めて見てみるとやはり何の変哲もない単なる雑踏なのですが、でも、何か普通ではない雰囲気、ああ、なんだか真剣に話をしている熱気?みたいなものが漂ってますねえ。


さて、自分に当てはめてみると、こんな風に駅構内で他人と長い間議論した経験はありません。マア、せいぜい2~3分別れ際に話したことはあるかもですが、こんなに手ぶり身振りを混ぜながら延々と話したことは無いですね。


そう、こんな場所で長く議論するという事は、以前から話したかったけれど、話す時間も場所も無くしかたなくここで話すしかできなかった人達なのだと思います。すなわち、この人たちにとってはそれぞれの人生においての、とても重要な話し合いをしているその現場なのでしょう。


この人たちにとっては、これから何年かして思い出して、「ああ、あの時地下鉄構内でずいぶんお互いに話し合ったわよねえ。」と、運良ければ話し合いが行われるかもしれない、そんなとても重要な話し合いが行われている現場に違いありません。


おそらく、今話している人たちは、この話し合いで何らかの決着がついてもう同じ様な事はしなくてもすむでしょうし、同じように、私もこのような貴重なシーンを撮るチャンスも二度とは無いでしょう。

のの青山の片隅にあるスロープ道を行く人たち

最近青山にできた、のの青山近辺は緑が豊富でレストランなどもあり人々の憩いの場所としても人気がある様だ。ただ、ここ近辺に住んでいる者としてはスーパーが出来てほしかったのだけれど、残念ながらなんだかあまり関係ないような高級レストランらしきものになったのが残念!


その片隅にある青山通りに抜ける道のところへは少しの段差がある場所があり、そこを回避するためのスロープ用の道がここなのだけれど、なんだか不自然な形なのは前ここは公園があった場所で元の形状の関係でこうなったようです。それにしても何故ここに50センチほどの壁が必要なのか分かりませんが、とりあえず立派な作りになってます。


このように、立派な高層ビルが並ぶまわりも、緑も計画的に景観も考慮されてものすごい人的努力の重なりでこのような立派な施設も完成している、正に東京という都市の素晴らしい景観となっている訳なのです。


なので、この様な景観が戦争によって壊されるという事は絶対に想定できないですよね。多分そういう事はありえないでしょう。物理的に東京という巨大な都市を灰のように壊すことは核を使わない限り不可能でしょう。


でも実は物理的には壊れなくても、政治体制が今解体状況なのですから、多分今日本は戦争中なのですね。ただ、誰と誰が戦っているのかが不明!多分、誰が日本人をコントロールする権利を取るのかの奪い合いなのでしょうね。まあ、大きく見れば、アメリか対中国、なのかな?


中にはグローバルとナショナルだと、右翼の言論の方たちは言っているけれど、どうかなあ?そこへ宗教も絡んで王様たちも絡んで全く良くわからないけれど、でも一つだけ分かるのは、分からない、ってことがあるって事かな。昔、つまり、ロッキードとかの時は、分からないことが分からなかったからね。


そんなわけで、兎に角、前とは少し違う面白い世の中になるのかも?