平和のトーラスを作ろう

お互いに合わせた指先と指先の一点から発生した力が、お互いの体を通してループ状に伝わっている状態で、平和のトーラスが完成します。

東京タワーとスカイツリーの2ショット

ほら、ほら、もうすぐ夜が明けるよ。
ほら、少しずつ空が明るくなってきたし、
ほら、鳥のさえずりも聞こえてきたし。


人工の夜の照明やネオンは消えて、
こんどは、自然の太陽が東京を明るく照らす
新しい一日がもうすぐ始まる、って事さ。



朝日の中に浮かんでいる
古いテレビ塔の東京タワーと
新しいテレビ塔スカイツリーの2ショット。






遂にUFOを撮った!?謎の光る物体を撮ってみました。

今朝4時ころ屋上で日の出を撮ろうとして外へ出たら残念ながら薄曇り空、ああ残念と思いながらふと光る静止している点を発見。あれ?何だろうと思い早速撮ってみたのが以下の写真です。


最初は星かな?と思いましたが、でも空はもう既にかなり明るくなっているので、あんなに光るのはおかしいな?と思いました。でも全く動いているようにも見えないし、お!、遂にUFO発見か?とチョット閃めいたので、発見から5秒後位に早速撮り始めましたが、残念間もなく全く見えなくなりました。最後に見えなくなる寸前のものも一枚あります。


1枚目 4時6分14

2枚目 4時6分22

3枚目 4時6分26

大きさとか場所を確認する為に、手前の柱も入れて撮りました。ここまではオートフォーカスで焦点距離140mmで、自動で星にピントが合っていましたが、その内にピントが合わなくなって色々探しましたが取り敢えず撮ったのが、手前の柱にピントを合わせてシャッターを押したものが次の4枚目ですが、焦点距離は130mmとなりました。


4枚目 4時6分38

それぞれの拡大写真です。


1枚目の拡大写真


2枚目の拡大写真


3枚目の拡大写真


4枚目の拡大写真

しかし4枚目これも変ですねえ。手前の柱にピントが合っているのに、光る点にも大きさも分かるくらいにピントが合って写るのは変ですね。これは焦点距離が違うのでおそらく同じにすれば同様の場所だと思われます。


4枚目の消える寸前の光る点の超拡大写真


2枚目の超拡大写真です。

やはり形は球形のようで、さて雲の後ろなのか前なのかが少し疑問です。前だとしたら小さすぎるし後ろだとすると明るく映りすぎの様。
それに、雲はゆっくり動いているのにそれに光は全く反応していませんでした。なので、雲の下と、物理的にはなるかもですね。


早速ネットで検索してみたら、似ている同様なものがありました。



もしUFOに遭遇したら... 河野防衛相「近く対処方針」決定へ


キリスト像の近くの光る点は、こちらは明るい場所ですが浮かんでいる状況が似ている気がします。


今回の数枚の画像を解析して、光る点が動いているのかどうかを調べてみましたが、確かに微妙に場所が変化していますが、これはカメラの角度の違いの誤差なのかもですが、直接見た感じでは全く移動していないとは感じていました。


FNNのカメラの動く物体のビデオは、光る物体が雲の前なのか後ろなのかがよくわからないというのが今回の写真と似ている気がします。


もしかしてこれらは、ただ映像として見えているだけのような気もします。これは実際に見た時の事を思い出して感じたのですが、雲の前なのか後ろなのかが判断できませんでした。FNNのもそんな感じですよね?だとするとこれは実際に存在するのではなくフォログラム?とすると何となく納得できますねえ。


当サイトで言っている「平和のトーラス」は、インチキオカルトだと感じている人も多分いるでしょうからこの話も胡散臭い、と、まあ普通は思う方がいるでしょうが、ち、が、い、ま、す。


これはすべて真実なのですよね。この写真も、平和のトーラスも詳細は質問があればすべて明快に説明する事が出来る自然科学、自然哲学的な事なのですが、今回のUFO目撃も必ず科学的理由はあるのでしょう。


しかし、当サイトで提案している内容がある人に理解されて、その話を世間に広める理由で、私に気が付かせるように誰かが私を外へ出させてこの光る点を提示した、と考えると全く筋が通ります。


それに、このような考えは私の写真を見ればわかる通り、私の基本姿勢なのですよね。無の心を持った雨粒とか、水わだちとか、この光る点も、似たような出現ですし、もしかしたら同じような世界の話なのかもしれません。しかし、水わだちや、雨粒は、写真を撮ってから写っていたのに気が付きましたが、この光る点は、明らかに最初から私はこの存在に気が付いていました。水わだちも雨粒も光る点も、これらすべては現実に起きたことなのです。


それにしても個人的には、この静止している光る物体、さてさて、思いつくものはないですねえ。が、しかし、落ちとして、単なる誰かが上げたドローン、ってのもありますし、ああ、それが正解なのかなあ?


撮った場所はここで、中央の柱の上が光の見えた場所です。
この様に間もなく夜が明ける前の少しまだらの薄曇りでした。


4時11分11


取り敢えず屋上へ上って東京タワーの方角を撮りましたが、このように全体に薄曇りでした。

前は東京タワーが全部見えていたのですが、一つ余計なビルが邪魔するようになってしまいましたよ。



軽やかな左ターン

雨上がりのアスファルトが煌めく中を、
間もなく彼女は軽やかに左ターンを決めるだろう。


それを見守るように
道端で待機している
立て看板とキックボードの脇を、
きっと彼女は
アッという間に通り過ぎて行くのだろう。


水わだちの精霊

雨が降って汚れた空気や汚れたアスファルトの泥を洗い流したからなのだろうか?いつもの帰り道の交差点は、車のライトに照らされてなんだか煌びやかな雰囲気が漂っていました。


歩道を渡り終わったあたりに目には見えない何かがある様な気がして、少し立ち止まりファインダーを覗いて、いいところへ車が来た時にシャッターを切ってみました。


確かに白線とか、マンホールの蓋、歩道のラインとか、タクシーの動いている距離感とか、当たり前だけど生々しく現実の一部を切り取っている事は確認でき、改めてタクシーの運転手も歩行者との距離を十分に取った場所を通過していることは確認できる図にはなっていますよね。(・_・D フムフム。


でも、なんだか少し気になるところがあります。それは動いているタクシー。あたり前だけどシャッターは長めだったのでボケてはっきりとは映っていません。(、、、ところで、さすが、ブレ防止機能が利いてアスファルト面がクリアーですねえ。)でも、よく見るとタイヤの動いた後ろの処、に何やらモヤモヤしたものが写っています。何だろう、と思い拡大してみました。それがこれです。


これはシュゴイ!タイアの動いた後に水がはねてこんな模様が出来ていました。


これを科学的に考察すると、まずタイア幅の外側部分が水を左右に飛ばしてその次にタイアの中央部分が水を真上に引っ張って飛ばす、という現象が起きている風です。


本当に一瞬の間にしか現れない現象をハッキリとカメラはとらえていました。
そんな訳で、この現象の事を「水わだち」と勝手に命名しました。


人の目では見えない図をカメラを使えば見える訳で、この図は、神のいたずら、では大げさすぎるので、たぶん、水わだちの精霊が気が付いた人にだけ見せてくれた一瞬の映像なのかも知れませんよ。


最初に感じた煌びやかさの理由が写真を撮ってみて納得です。
しかし、このLUMIX GX7MK2 よく映ります。



ビニール傘は素晴らしい発明品

夕方の帰宅中の人を望遠で撮ったらとうなるのかなと思い、試してみました。

意外と単なるビニール傘が何だかこの図の中では主役になったようで、女性が持っている少し傾いた角度で存在しているのが、なんだか生々しい。


写真とはその名の通り真実の真を写すものだな、というのを再認識しました。


多分右手でハンドバッグを持った手を耳の近くに持ってきているのはスマホで、今日買う惣菜の相談を連絡しあっているのかなあ?という感じでそれほど早くはない速度で歩いている感じです。


たったこの小さな画像からもなんだかこの方の様子が生々しく想像できるのも、たぶんビニール傘が格好良いカーブを描いて写っているからかも知れません。


確かにビニール製だと前もほぼ明るく見えるので、傘としての機能性からも形態からも、しかも値段もお手頃とは、正に素晴らしい発明品だなあ、というのを再確認しました。

やはりビニール傘を使っている人はかなり多いですね。


男性も撮ってみましたが、やはり絵にはなりずらいなあ。
やはり自分の趣向が出てきますよね。男は撮りたくない!


しかし、マスクをしてるから前から撮っても肖像権侵害は回避できそう?
だからって、マスク姿じゃあ絵にならんわね。
しかし、このマスク姿、街にいつまで続くのでしょうか?