平和のトーラスを作ろう

お互いに合わせた指先と指先の一点から発生した力が、お互いの体を通してループ状に伝わっている状態で、平和のトーラスが完成します。

写真とは、真実を写すものなり。


三人組の若者が仲良く整列しているかのように街の角を曲がって、どこかにある共通の目的地へ向かって、とにかく寄り道する気もなさそうにさっさと歩き続けているようです。
遠目からだし、ハッキリと顔が見える訳でもないのですが、三人とも共通のグループに属している風に見えるし、おそらく真実は大学のサークルとかであろうと思われるけど、たとえ違っていても、そう大きな違いはないのでしょう。


又、道の反対側には電柱の傍でスマホをしている人がいるけれど、なぜ電柱の傍なのか?多分、もしトラックがぶつかってきたら電柱で防御できるかの知れない?と、思っていたのかどうかは分かりませんが、無意識のうちで電柱の傍にいると安全であろう、と思ってそうしていたのでしょう。


恵比寿駅前のバス停で仕事帰り風の人たちが整列している脇を、駅へ向かう人、駅から出てきた人たちが通り過ぎていて、誰もがただボーっと立っているのではなく、それぞれの目的を本人に直接聞かなくても写真からはいろいろ妄想出来きます。

例えば、スマホをチェックしながら駅から出てきた人は、明らかに、仕事がらみのメールではなく、友達とラインをやっているであろう事は可なりの高い率で真実でしょう。


そうなのですよ、たわいのないこの写真に写っていた人たちは、だれもが、つくられた物語で真実ではない作られた演技をしている役者などではなく、嘘偽りのない現実の世界で、真実の自分の姿を表現している人たちなのです。


この意味で、写真とは真実を写すものなのでした。


ある日の雨上がりの恵比寿駅近くにて、、。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
後述です。


このタイトルの「写真は真実を写す」というのに否定的な考えが結構ネット上にはありますね。「写真」という日本語の意味は文字通り、「真実を写す」という意味であり、「フォトグラフ」とは少し意味が違います。


この否定的な考えは、外国の考えがすべて正しくて、日本の考えは劣っている、つまりは反日思想なのです。日本語の意味を否定しているからです。


例えばこのサイト、

ここでは、結論として、「写真はアートである」としていますが、実は「アート」とは「真実を写す」ものなのですよ。ですので、写真は真実を写すのは正しいのです。


アートとは人間が創作した、自然ではなく人工的なものなので真実ではないという意見が多々あると思いますが、アートとは、人間が真実を模索して表現するべきものなのですよね。


戦後の教育で真実を見てはいけない教育が70年間もなされてきました。しかし、いろいろなところで今まで秘密だったことが暴露されてきました。そろそろチェンジする時代になるのでしょう。かな?



×

非ログインユーザーとして返信する